フラット35の審査に通るコツとは?

フラット35の審査基準は金融機関によってまちまちですので、一概に述べることはできませんが、民間金融機関の審査は従来から甘いと言われていました。
しかし、国からの指導が入り、基準の見直しをする金融機関が増えてきており、審査の基準は全般的にだんだんと厳しくなってきています。
フラット35を利用するためには、購入するマンションや住宅が一定の基準を満たしていることが必要になりますが、この技術基準については一般に公開されていますので、事前に調べることが可能です。
融資の可否については、個人の信用力によって変わってきますし、金融機関によって基準はまちまちですので、一つだけの銀行に限定をせずに、いろいろな銀行に融資の申し込み手続きをすることが大切です。
ある銀行では融資が断られた場合でも、他の銀行であれば申し込みが可能になることはよくありますので、一社に断られたからといってあきらめることなく、複数の銀行に対して申し込み手続きをすることが大切です。