映画とか動画とかみたいに・・?

レストランや映画館などでクレジットカードを使うとレジで現金を用意する必要がないため手軽に会計を済ませることができます。
運営会社の収入源は、手数料によるところが大きいですがこれは利用者が支払うものと店舗側が支払う加盟料というように両者から徴収されます。
営業内容によって加盟店が支払う比率には差があり家電量販店やコンビニなどは一番低く1%から1.
5%に設定されています。
利用者が支払う場合は支払回数が3回以上の分割払いで金利が加算されて指定口座から自動引き落としされます。
3回未満の支払にローン料金を加算しないのは購買量を多くするための運営会社の配慮なので店舗が利用代金の負担を要求してきても、それは加盟料なので負担すべき料金ではありません。
ACマスターカードやイオンカードなどのクレカは何かを購入した際に財布から現金を取りだす必要なく支払いが出来るので1枚あると大変便利なカードです。
また、ショッピング時だけでなく公共料金の支払いにも利用出来ます。
クレジットで公共料金の支払いをするとポイントが知らない間に貯まっている事もありそれが目的で支払いをクレジットに指定される方もいらっしゃいます。
しかし、クレジット支払にした場合は口座振替の時と違って月額の割引対象から外れる場合があります。
あると何かと便利な三井住友VISAやイオンカードなどのクレカ。
買い物の支払いの時にカードを使いますがそれ以外にキャッシング機能がついています。
キャッシングとはどういったものか?例えば、現金がどうしても必要な時にATMからビューカードやオリコなんかのクレジットカードでお金を下ろす事が出来ます。
ですが、現金を引き出した場合は必ず返さなくてはいけません。
返す時は利息も含まれるのでクレジットカードを作る時はキャッシングの利息が低い所を選ぶと良いでしょう。